ひたちなか市の内科・外科・小児科・胃腸科クリニック

胃・十二指腸の病気(胃潰瘍・胃がんなど)

  • HOME »
  • 胃・十二指腸の病気(胃潰瘍・胃がんなど)

胃潰瘍・十二指腸潰瘍

胃酸やピロリ菌、食物、薬物、飲酒、喫煙等で胃や十二指腸の粘膜が傷つけられて起こる病気です。

症状として、胃の痛みや胸やけ、膨満感等があります。内視鏡や消化管造影検査等で検査をして病気が確認されたら、薬物などによる治療を行います。

胃がん・十二指腸がん

胃や十二指腸にできるがんを指します。アジア圏では、とくに胃がんの発生率が高いと言われています。また、初期の自覚症状がほとんどないため、初期での発見は難しいと言われています。進行してくると、腹痛、吐き気、食欲減退、嘔吐の症状が現れます。

胃がんはヘリコパクター・ピロリ菌の関与が示唆されています。

内視鏡検査や消化管造影検査等で検査し、治療します。

お気軽にお問い合わせください TEL 029-272-3778 9:00-18:00(休診日を除く)

PAGETOP
Copyright © 亀山医院 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.