ひたちなか市の内科・外科・小児科・胃腸科クリニック

肝臓の病気(肝炎・肝臓がんなど)

  • HOME »
  • 肝臓の病気(肝炎・肝臓がんなど)

肝炎

肝炎は、肝臓に炎症がおこり、発熱や黄疸、全身の倦怠感等の症状をきたす病気です。

日本では約8割の肝炎がウイルス性と言われています。感染経路については、経口感染、血液感染、性行為感染等様々で、ウイルスの型(A型、B型、C型、E型)によって主なルートに違いがあります。

肝炎が重症化すると、肝硬変や肝臓がんといった深刻な症状になる場合があります。早めの検査による治療で、治療することができますので、当院にご相談ください。

肝硬変

肝硬変とは、幹細胞が死滅・または減少することによって、肝臓が硬く変化し、機能が著しく減衰する病気です。

初期症状としは、食欲不振や、疲れやすくなった等があり、重篤化すると、黄疸の症状や腹水が溜まったり、吐血、意識障害に陥ることがあります。

血液検査やCTや超音波等の画像診断で検査することができます。

一度死滅して、硬く変化した細胞は元に戻らないため、早期で病気の進行を防ぐ必要があります。早めに当院にご相談ください。

お気軽にお問い合わせください TEL 029-272-3778 9:00-18:00(休診日を除く)

PAGETOP
Copyright © 亀山医院 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.